天塚財閥

プロブロガー目指し奮闘中月間7万PV26歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

youtubeはただの動画の置き場ではない!天塚右京の提言

f:id:uchan79:20190225081001p:plain

youtubeはただの動画プラットフォームなんかじゃない!
それに気づいている人間はどれだけいるんだろう
ヒカキソですら、“忘れ去られたくない”という、言ってしまえば至極個人的な理由で動画投稿に勤しんでいる
そこにストーリー性は感じない

今回は、今後youtubeを舞台に展開する天使右京のグランドプランを、公開しよう

動画は言わば撒き餌

動画はエンタメで、これはいわば飴ちゃん
その赤い砂糖菓子に人が群がるというわけだ
そして人が集まると、コミュニティになり、そのコミュニティを率いるリーダーが必要になる
そのリーダー足らしめる存在は、間違いなくyoutuberその人がなるべきなのだ

ストーリーという肉体を支える背骨

家族、宗教、学校、会社、国家…
これらは全てコミュニティであり、そしてまた
すべてのコミュニティは“ストーリー”を持っているのだ
youtuberを筆頭として、その視聴者が集まり、帰属意識も生まれてくる
でも、その集団は何のために存在し、何のために集まり、何を成し遂げたいのだろう?
それらの疑問に、ヴィジョンという形で答を提示するのがリーダーの努めだ
そしてそのヴィジョンは、自分のためになり、視聴者のためになり、ひいては社会のためになる“志”でなくてはならない
ストーリーこそが、コミュニティという肉体を支える背骨になる
もう俺自身は、物語を紡いでおいた…

www.au79.work

快適なコミュニティを築くためには、サービスが必要

ストーリーという背骨ができたコミュニティは、定住するに伴ってサービスを求めるだろう
それは会社にしてみたら福利厚生のようなものだ
インターネットに定住する視聴者が求めるwebサービスを、コミュニティ内で作るのだ
アイデアを提示して、それを形にする0→1の行程をyoutuberと視聴者みんなで楽しむ
その過程においてもリアルタイムのストーリーを共有することが大事だ
このとき、webサービスは5から10と同時並列で展開するといいだろう
それは畑に子種を埋めても、その成長速度はそれぞれ違う
何が伸びるのかわからないのなら、一気に5個10個と着手するのがいい
その中でも伸びたものは、会社法人という形でマネタイズする
そうしたらならば、今度は自然人としてやってきたことを法人としてやっていくことになる

コラボってなんだ

俺は異色のコラボという言葉がきらいだ
コラボという言葉自体に、異色性つまり意外性が内包されてなくてはならない
なのに、今のyoutuberはお馴染みのメンツでワチャワチャやって、オチが見える
本当のコラボとは、視聴者を巻き込んでやるモンなんだ!

改訂 YouTube 成功の実践法則60

改訂 YouTube 成功の実践法則60