天塚財閥

プロブロガー目指し奮闘中!月間7万PV26歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

その芸風は昔から!2010年当時のイケダハヤトのネット上の評価

f:id:uchan79:20190802065830j:plain

この記事では,イケダハヤト氏の2010年当時からのネット上の評判を集めその人物像に迫る

ソーシャルメディアに明るいライターとして活動していたイケハヤ

良く言えばトレンドに敏感,悪く言えば節操がなかったようで
2010年当時のイケハヤ氏のブログ名は“ソーシャルウェブが未来を創る”だった
その名の通り当時ムーブメントだったSNSに特化した記事を発信していて
それがwebメディア陣の目に止まり,ブログだけでなくソーシャルメディアに明るいライターとしても活動する
現代ビジネスにて氏が持っていた連載記事である2010年7/5の記事
“ツイッターは一過性の「流行」なのか?”から一部引用してみる

イケハヤ:ツイッターは一過性の「流行」なのか?

ツイッターは一過性の「流行」なのか?(イケダ ハヤト) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

ツイッターは一過性のものなのでしょうか? 数多のインターネット
サービスと同様、すぐに廃れる「流行」に過ぎないのでしょうか?

この問いに対する私の結論は「ツイッターというサービス自体は数年後には無いかも知れないが、
ツイッターが拓いた新しいコミュニケーションのあり方は今後も変わらない」というものです。
ツイッターの台頭を読み解く一つの鍵は、ツイッターが「情報の可視化を進め、マッチングを生み
出している」という事実です。<<

新しい時代を切り取ります!
ツイッターやblippyは一例に過ぎません。今後、情報の可視化は進み、様々なレベルでマッチングが生まれる
社会が訪れるはずです。そんな社会が訪れた時、人々の生き方はどう変わるのでしょう。<<

〇〇が来る!と扇動して情報弱者を囲い込むのは氏の常套手段だが
ツイッターの予測に関してはかなり的を射ている

これに対するネットの反応は

3 : 名刺は切らしておりまして 投稿日:2010/07/05(月) 20:09:02 ID:36aW0QiP [1/1回]
既に廃れ気味。
流行らせようと仕組んだけど、やらせばかりのRTがガンになったな。
ヤラセはもうお仕舞い。

4 : 名刺は切らしておりまして 投稿日:2010/07/05(月) 20:09:38 id:qDJa9TzY [1/1回]
楽なものは生き残ると思うよ

https://www.logsoku.com/r/2ch.net/bizplus/1278327873/

と,冷ややかな物が多い
200以上のレスがついており,記事内容に言及したレスはあっても
執筆者のイケハヤに言及をしているレスはひとつもないのが今とは対照的だ

良くも悪くも昔から芸風は変わっていない

イケハヤの個人スレが初めて2chに立ったのは2013年の1/31
やまもといちろう氏とのいざこざで注目が集まった

32 : 名無しさん@明日があるさ[sage] 投稿日:2013/03/14(木) 18:06:19.62 0
RSS登録者数 自称8000人以上
→実際は1984人

33 : 名無しさん@明日があるさ[sage] 投稿日:2013/03/15(金) 18:37:13.09 0
ihayato書店とか自称してるけどさあ、
書店はあくまでもアマゾンであって、
彼はpop書きだろ。

38 : 名無しさん@明日があるさ 投稿日:2013/03/19(火) 21:33:41.80 O
こんな奴を非常勤講師で雇う多摩大学って・・・

126 : 篠原栄太 投稿日:2014/05/11(日) 13:19:07.04 0
イケハヤブーム終息だな……

https://www.logsoku.com/r/2ch.net/employee/1359608390/

うーん
なんだかんだ愛されてるのかも

関連:【黒歴史】大学時代のイケハヤ(18歳)のブログを発見!【まとめ】

www.au79.work