天塚財閥

プロブロガー目指し奮闘中!月間6万PV26歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

【ペラペラ】フィリピン留学したら英語を話せるようになるのか?

f:id:uchan79:20181203033720j:plain

2015年に5ヶ月フィリピン留学していたけれど
結果として英語を話せるようにはなったのだろうか?
そしてひいては、留学したら、英語ペラペラになれるの?
というよくあるこの質問については

YES and NO
と答えさせて頂きたい

ジムのたとえ<筋トレした者だけがムキムキになる>

留学をしたら、英語を話せるようになるのか?
たとえば自分の家の隣にジムができたからって
その人は半年後筋肉ムキムキになるのだろうか?
んなこたーない。
英語圏に留学したからって、自動的に英語がペラペラになるだろうか?
やっぱりそんな単純なことではない
結局は当人のやる気次第だ能力というのは

英語学習に最適の環境

英語を学習するのにうってつけの環境が、そこにはある
そんな理想的な環境に身を置きながらも、勉強にうつつを抜かしてたらやっぱり英語力は伸びない
何か、そういう“いい”教材とか留学とか、そういうあやかったら自動的に伸びるもんではない
そんな青い鳥はいやしない
そんなもんを探している暇があったら即座に勉強に取りかかるほうがいい

やったらやった分、伸びる

言語には読む聞く話す書くの4技能がある
リーディングは自分の裁量で、英語圏でなくても勉強できるし
ライティングに関しても4技能の中では比較的に影が薄い
コミュニケーションは、相手の話している内容がわかってこそで、そこから意思疎通が始まる
なので4技能の中で一番大事なのは、リスニングで、その次にスピーキングがあると思っている

英語がペラペラってどういう意味?

そもそも「英語を話せる」というのも妙な表現だと思う
留学する前から英語なんか話せてた
猫はcatだし学校はschool
こんなんは誰でも知ってる
借用語として入ってきた英語を考えると大体どんな日本人でも2000~3000くらい
語彙があると思う
英語を話せるようになりたい?
それはどのぐらいレベルになりたいか?そこを明確にしていない人が多い
どの程度の英語力がほしいか
それを目標に先にすえてそこから逆算して最短距離で突っ走ってほしい

最後に、語学留学すべきか?

英語学習において、語学留学すべきか?との質問は本当に後を絶たないが
自分自身は、したければすればいい、ぐらいにしか思ってない
これに関して正解不正解は無いし
留学しないで話せるようになったという話も自慢にならない
それは勉強してないけど定期テストでいい点が取れたぐらいのレベルでしかないから

ただし、フィリピン留学に興味関心がある人がいるのなら
そのための実体験に基づいた記事を書いているので
参考にしてもらえたらと思っている

語学学校には スパルタ式とノンスパルタ式がある

語学学校についても書こう
語学学校もスパルタ式の学校もあるが、そうでない限り
宿題をやってこなかったり授業をサボったからといってサボったりすると
何で昨日はサボったのかは聞かれるものの
何か退学を命じられたり、お咎めがあるわけでない

実際授業の半分ぐらいしか顔を出さない生徒もいた
あくまで学位を習得するわけではない、語学学校から見たらお客さんという形なのだ
だから授業中も、辞書目的ならスマホでも何でも使ってもいいし
電子辞書なんか買う必要はない

ひたむきに勉学に励んだものだけが得るもの

そうは言ったものの、やっぱり授業は出たほうがいいに決まってるのは間違いない
それは自分のためであり、先生たちのためでもある
無断で欠席するのは、やはり褒められたものではないし
先生たち一人ひとりは、やはり成長する生徒の姿を楽しみにしているという想いが
こちらにもびしびしと伝わってきたからだ
ちょっとできるようになると自信もつくし、相手の英語レベルも大体わかってくる
やったらやった分だけ伸びるのが第二言語だとつくづく思った

ノンスパルタ式は自由な授業スタイル

授業についても、先生次第では教科書に乗っ取らない
自由な裁量の授業にしたいという要望に合わせてくれたり
そのあたりは大分フレキシブルだと思う
日本の中学高校と違って、規律だった感じではなく
自由度が高いので、語学学校の様子がわかってもらえればと思っている

欠席にさいして何か事前に断りをいれなければならないとか
そういったしきたりも自分の語学学校にはなかった

何のために留学したの?英語のためか、思い出作りか

語学学校はあくまでカルチャースクール
学位留学と違ってお金を出せば誰でも行ける
これは語学留学に何を見出すか、目的意識を明確にすること!それに尽きる
英語に触れつつ観光気分も味わい、友達も作りたいエンジョイ勢なら
日本人の多い=7割~9割の学校に行くといいと思う
語学学校はその意味で、思い出も友達も恋人もかなり作りやすい環境だと思う
学生が多くて年齢も近いし、リゾート地やビーチもあるし
一緒にどこかへ出かけることも多い

ガチ勢かエンジョイ勢で話は変わる

が、もし本気で英語力を身に着けたいガチ勢なら
どんなに学内で孤立することになっても日本人とは絶対に関わらないことをおすすめする
留学したからって英語が話せるようになるわけではない
やはり学習に費やした分だけ、英語力は向上する
実際どこにも遊びに行かずわき目も触れずに勉強する
そういう生徒が伸びていくのをたくさん見てきた
自分なんかは日本語を喋れば喋るほど、英語力が落ちるような
そんな強迫観念に囚われていたくらいだ
日本人のかわりに交流するべきは、韓国人か、先生か、地元のフィリピン人がいいだろう
ガチ勢として留学に望むなら、そもそも日本人が一割くらいしかいない
バリバリの韓国資本の語学学校に行ったほうがいいんじゃないかと思う
そういう環境だと意思疎通には必然的に英語が必要となってくるからだ
なので自分自身がエンジョイ勢か、ガチ勢か、今一度問いかけてほしい
自分の場合,5コマの授業後ぶっ通しで勉強し続けていた
どこへも外出せず、日本人との交流も避け、眠くなるまで勉強し続ける
そういう生徒は、語学学校にはいない
周りにいるのは、遊学気分の生徒ばかり
グループ授業でも、金曜日になると先生にすら「週末はどこに遊びにいくの?」なんて聞かれ、奇異の目で見られる
週末土日は休日なので遊びに行く学生が主だっていた
“I came here to study,that is my TOP priority”
だなんていった日には浮いてしまう始末だった

スパルタ式に行け!?

そしてそんなガチ勢におすすめする語学学校は、いわゆるスパルタ式と
言われる学校のことだ
toeicのスコアアップという明確な目標を持った社会人や
短期間で成長したい大学生が多く、文字通り缶詰状態で勉強するところだ
周りもそういう人ばかりなので、学習に最適の環境と士気がそこにあると思う
自分の場合は、スパルタ式の気迫に押されて田舎のエンジョイ勢な学校に行ったものの
別に命が取られたりするわけではないから全くもって大丈夫!

その貴重な機会を最大限に引き上げてほしいと、切実に願ってますよ★

結局のところ語学学校の校風による

自分のいたような田舎町だとノンスパルタ式しかないし
都市部だとスパルタ式の学校もある。ただしその分費用はかかるけど
スパルタ式だと、門限は厳守だし、学内で母国語禁止
使ってるところを発見されたら即退学と言った具合
それにビビったのと、田舎の授業料の安さに惹かれてバコロドを選んだのだが
自分の目的に合わせた選択肢を取って欲しい

語学学校の食事はこんな感じ

留学費用には、授業料と食費が含まれてるが
自分の語学学校の食事はこんな感じだった

最上ランク ビビンバ
f:id:uchan79:20181204205611j:plain

普通ランク 冷めてて質素
f:id:uchan79:20181204205741j:plain

お味のほうは…

味について言えば、正直言って全然おいしくなかった…
写真に残しているこれでマシなほう
こんなことなら留学費用は食費を省いてその分安くしてほしいくらいだ
そのぐらいおいしくない
ちなみに箸は韓国でも同じく鉄製で重い

食事の質は授業料に比例する

だがこれも語学学校による
自分の場合、田舎で一番授業料がやすいところに留学したので
授業の質はよかったものの、ご飯に関しては安かろう悪かろうを地で行くものだった
あくまで自己の体験談に基づいて書かせてもらいたい
都市部の授業料も高めの学校だとまた違ってくる
韓国資本の語学学校だと食事は韓国料理中心になる
うちも韓国系だったので3回に2回はキムチがついてきた
おかわりは無制限
こんな食堂ではあるが、おいしい一品料理ももちろんある
それが、パイナップル!
フィリピンのフルーツはマジでうまい!
味蕾のひとつひとつにまで甘さがアクセスしてくるようで
新鮮で味音痴な自分でも違いがわかる

外食は安くてうまいので安心して!

別に自分の舌が肥えているわけではない
実際ほかの留学生たちも味に嫌気がさして外食中心になっていった

f:id:uchan79:20181204210019j:plain
あまいもの好き

f:id:uchan79:20181204210100j:plain
小腹が空いたらカフェへ

外食は日本の1/2くらいの物価で安くてうまいからだ
日本人の食事レベルからしたらやはりあれはキツい
一番キツいのは何かって、米だ!
あっちの米は妙にモチャモチャしていて水分が多く、そして冷めてる
楽○で買える一番安い米よりさらにまずい
自分の場合は献立次第で外ですますか食堂で食べるか決めていた
そりゃ金がないから安いところに留学したわけで、食堂で済ませれるならそうした

国内でふりかけを買っておくこと!

そんな食事風景を一変させてくれるモノがある
それが、ふりかけ!!

丸美屋 のりたま 業務用 250g

丸美屋 のりたま 業務用 250g

白ご飯に単調なおかずだけだとどうも乗り切れなくなってくる
そんなときに、ふりかけがあると
健康で文化的な生活レベルを一気に引き上げることができたことだろう
~だろうというのは、現地ではSMモールにすらふりかけは置いてないのである
なので自分はふりかけなしで、当時喉から手が出るほどほしかった……
日本料理はフィリピンでも親しまれているが
ご飯にふりかけを食べる文化は浸透していないようだった
国内であらかじめ購入しておくことを是非おすすめする
学友と食卓を囲むときにもかなり重宝されることとなるだろう…

海外だからこそ日本料理を食べよう!フィリピンにおける日本料理

グループ授業で、日本料理を食べたことを告げたら
先生に変だと言われた汗
海外旅行先で日本料理店に行くことが変だとは思わない
むしろそこにあるのは、驚きと発見だ
SMモールのフードコートに一角をなす日本料理店

f:id:uchan79:20181202221544j:plain
ビミョーな日本語もある

フィリピン人にとってフードコートは、ちょっと高級な部類だと思う
残念ながら韓国料理のほうが席がにぎわっていたのだが…
日本料理店も大衆向けから高級店まであるが
ほぼ間違いなくクレジットカードが使える
なのでカップルの比率が比較的多いように思う
我々の食文化に触れてもらえるのは本当に嬉しい
僕が留学していたのは、ネグロス島のバコロドという、砂糖と鶏肉で有名な町
とは言っても日本からの直行便もない田舎町だ
マニラやセブとは違って人口も40万人くらい
そんなバコロドでも日本料理の存在感はひしひしと感じられていた
もっと安くなってくれたら
もっとフィリピンの人たちに楽しんでもらえるのだろうが…

フィリピンで食べる日本料理もウマい!

そんなフィリピンの日本料理の味はと言うと、おいしい!
本場の味とはビミョーに違うといっちゃ違うけど
フィリピン人の舌にローカライズされいているという感じでもないから
単に味付けの問題なんだと思う
値段も日本人の経済感覚だと安いし、ひさびさに故郷の味に
触れることができたのは何より感慨深かった
席を立つときに
パートタイムジョブの女の子が
アリガトウゴザイマシターと片言の日本語で挨拶してくれた
ブログ暦2年なのに100記事も達成してない
1日PV100~のブログなんで言うが、カタコトは俺の萌えどころだ

先生たちにもおごってあげよう!

語学学校の先生たちも、日本料理好きは多いし
是非誘ってあげてほしいところ
お好み焼きは特に好評だったと思う
こういう時、日本料理について簡易的な説明ができると強いし自信もつく
UDONってどんな料理?と聞かれて入学直後の自分は即座に答えることができなかった
そういったはがゆい想いが意欲を引き立てる

https://hubjapan.io/articles/introduction-to-japanese-food-sushi-miso-soup-and-more
↑の記事にメジャーな日本料理の概要が網羅されているのでざっと見してもらえればと思う
このぐらいの英文なら、背景知識もあるので読み解けると、留学から帰って来た頃には確かな実力をつけられていると思う