天塚財閥

月間6万PV27歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

Toeicアプリabceedでリスニング満点目指して鍛える!

f:id:uchan79:20200205081958p:plain

Toeicアプリabceedで勉強してみた

精選模試2で打ちのめされたその後
toeic900overを見据えてリスニング特化で勉強していくことにした
なぜリスニングに特化するのか
それは,リスニングのほうが簡単だからだ
Toeicのスコア分布によるとリスニング470以上は上位4.2%
それに対してリーディング470以上は上位0.9%なのである

3日間ぶっ通しでPart2に挑む

新形式になってから難化したPart2をToeicアプリabceedで解き着まくる!
abceedでは,正答率に従って本番試験の予想正答率が数値化されるのである
part2は全25問
なので最低でもミスは2問までに収めたい
そう思って予想正答率が92%に達成するまでのたうち回った
それも3日も

f:id:uchan79:20200205083331p:plain

最初2日間はずっと85~90%を往復していたが,やっとたどり着いた…
間違った問題のスクリプトもこんなに溜まってしまった

f:id:uchan79:20200205083529p:plain

Toeicアプリabceedがいかにすごいか解説!

ここからはabceedの革新性はどこにあるのかを以下に解説しよう

スコアUPがすぐわかる

abceedユーザー(85万人)の解答データ(1億問以上)にもとづき
AIがTOEIC予測スコアをリアルタイムに更新している
それぞれの選択肢を選んだ人各パーセンテージが表示される仕様なのだ

20,000問の中から問題をAIがレコメンド

良質な20,000問の中から、難易度、習得状況などを踏まえて
最適な問題をAIがレコメンドする
問題はどれも市販されている問題集のもの
予想正答率が上がっていくとそれに従って難しめの問題がチョイスされる

スマホだから寝ながら勉強できる 正誤判定も自動

何よりいいのがスマホアプリってことそれ自体!
ベッドで横になりながら勉強できちゃうから半ばクイズ感覚
選択肢を選んだ瞬間正誤がわかるのもうれしい

机で模試を広げて勉強していると.mp3データをソフトに読み込ませて
答え合わせも自分でしなければならない
abceedで勉強し始めると答えの確認で答えのページを一々めくるのもバカらしくなってくる
長時間勉強していると背中も疲れてくる
スマホで勉強できるのは時間効率からいっても非常に生産性が高い
3/8の試験に向けて900overを取りに行く