天塚財閥

INTJタイプ5ウイング4で26歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

僕が回転寿司バイトで学んだ4つのことまとめ

f:id:uchan79:20190404033126p:plain

大企業ですらIT化が進んでない!

一部上場の某回転寿司チェーンでアルバイトをしていたがバイトのシフト表を、なんと店長が手動で作っていたのだ!
曜日と出勤日時を入力すれば一瞬でシフト表を作れるフリーソフトなんてググったらすぐ出てくるのに
だが、現場はITに疎いのかそういったソフトの存在を知らずわざわざ手間暇かけて作っていた
聞くところによると、大体3~4時間かかるとのこと
1ヶ月で前半後半と2回シフトを作るので、1ヶ月あたり8時間
そのチェーンは全国400店舗を構えていたので
もしもすべての店舗の店長が手動でシフトを作成してたら、一ヶ月で3200時間も費やしているということになる
自動作成のソフトを導入すれば、どれだけ時間が空くことだろう…
本部の人も時折視察に来ていたが、厨房こそ目を通しても、事務室まではチェックしていなかったのだろうか?
日本の大企業はIT化がまだまだ進んでいないとは聞いていたが、実際驚いた


尊敬できるひとがいない

職場には尊敬できるひとはあまりいない
正社員の方も“仕事でやってる感”がどうも否めない
当時の職場には、そのまま就活せずバイト先に就職する形で、ある種のなし崩しで定着していったひとが多かった


単純労働はキツい!いつまで経っても慣れない

まあバイトであてがわれる仕事っていうのはどの業種にせよ大体単純作業だ
半年間続けてきたけれど、どうしたって慣れなかった
考え事をしながら作業をすることで、単調な動作をやりくりしようにも
思いついた記事ネタのアイデアをメモできる隙もなく…
あの単純労働を通じて得たものといえば
“自分には向いてなかったから、もうああいう働き方をしたくない”
といったところだろうか


昼間だろうが繁盛してようが常にやることがある

回転寿司のバイトをするまで、平日の昼間なんてやることがあるのだろうか?
とつくづく疑問だったけれどとんでもない!
飲食のバイトというのは、お客さんがいなくてもやることは無限にあるのだ
それはドレッシングの補充から、お皿を並べたり…
そういった細々とした雑務というのは延々と必要とされる
10年後もこれらの作業は、それほど機械に置き換わることはないだろう
そして、飲食における外国人比率は相対的に増すだろう


関連:回転寿司バイトは楽?仕事内容と評判、良かったことまとめ

www.au79.work


面接無しで即日払いバイトマッチングサービス【プチジョブ】