天塚財閥

プロブロガー目指し奮闘中!月間7万PV26歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

【天塚右京】ちょっとの工夫で生活の雑務を時間短縮する方法3選

f:id:uchan79:20190303094806p:plain

“時は金なり”という至言を残したのはベンジャミン・フランクリンだったが
人生において何よりも大事なものは、間違いなく時間だ
金ですら時間を割かないことには築き上げることができないのだから
今回は、ほんのちょっとの工夫で生活上の雑務を短縮できる実例を3つ紹介しよう!

郵便受けに“投函禁止”のシールを貼る

f:id:uchan79:20190303093920p:plain

100均で売ってる名前シールに、投函禁止とマジックで書くだけ!
ピザを頼もうかと脳裏をよぎることもなくなった
郵便受けを確認していらないチラシの仕分けをして…
そういう雑務で2分はかかる
2日に一回やるとしても毎月30分
一年換算で6時間もこんな作業に時間を取られているのだ
今では、不要な投函物の99%はピタッとなくなった
コスパ最強なので是非おすすめしたい

お風呂の後はセームタオルを使う

f:id:uchan79:20190303100246p:plain

セームタオルといえばプールとかアウトドアで活躍する吸水性に優れたタオルだが
お風呂上がりでもこのタオルを使っているのだ!
そうすることで、バスタオルの洗濯から干すまでの一連の作業の大幅な時間短縮に成功した
セームタオルで体を拭いたあとは雑巾絞りをして、ケースに入れておくだけ
匂いもしないし、手入れらしい手入れも必要ない
何よりバスタオルと違って、風呂の中で簡単に持ち込むことができるので
寒い冬場の、風呂に出たときの冷気に身を震わせることもない
洗剤代も浮くのでいいことづくめだ!

ひげの脱毛をする

ひげの脱毛となると、個人差はあるものの10万~とちょっとばかし金がかかるが自己投資の一貫として二十歳からしている
留学から帰ってきてからは金がスッカラカランで行けてないのだが…
朝の5分10分がいかに貴重であるかはもう言うまでもない
二十歳の時点で脱毛をして80歳で死ぬとしたら60年ある
その間毎日ひげを剃り、シェイバーとシェービングクリームを買うよりも
脱毛をしたほうが結果として時間と金が浮く
ひげも似合わないし、伸ばす気もない

…と言えば、ロジカルな帰結からの自己投資のように聞こえるが
そもそも脱毛への関心は、当時付き合っていた娘から“ちゃんとヒゲ剃りなヨ”と言われたのがきっかけだった
男の事情なんていざしらずなんだろうか、ちゃんとそっても青ひげといのはどうしても残る
青髭への対策は

  • 肌を焼いて目立たなくするか
  • ジャンプの裏表紙の広告みたいなクリームを塗るか
  • 脱毛するか

の三択
それだったらこれを機にと、脱毛を始めた
しっかりとした脱毛をするのならば、脱毛サロンではなく医療脱毛をおすすめしたい



まとめ

金で時間を、間接的に買う!
さらなる成長に合わせて

  • ルンバの導入
  • 家事代行サービスの利用
  • 読者からタクシーとして運転手を募集
  • 紙皿をストックする

などしたいものだ