天塚財閥

プロブロガー目指し奮闘中!月間7万PV26歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

鈴木康之とかいう法律事務所から振り込め詐欺のハガキが来た!

f:id:uchan79:20190418211304j:plain

実在する法律事務所を騙った振り込め詐欺

まさか自分が詐欺ののターゲットになるとは夢にも思わなかった
さながら真後ろから金属バットで頭をブン殴られたかのようだった
もう今から5年も前のこと
当時下宿していたマンションの郵便受けに入っていたのは、見慣れない弁護士事務所からの封筒
そして、その中身がこれだ!

f:id:uchan79:20190419233149p:plain

「平成26年8月7日 〒102-0083 東京都千代田区雑町4-7-2
Daiwa 麹町4丁目ビル3階 弁護士法人 鈴木康之法律事務所
代表社員#護士 鈴木康之 (登録番号30072)

当弁護士法人は、株式会社CA(以下「依頼会社」といいます。)の代理人として、貴殿に対 して以下の通り警告を致します。
貴殿は、依頼会社が著作権を有し、有料配信している後述の著作物(以下「本件著作物」とい います。)を、何等の権限がないにもかかわらず、
違法にインターネット上の後述の無料サイ ト(以下「無料サイト」といいます。)に転載し、その結果、本件著作物が無料サイトにおい て視聴され、
これにより依頼会社は、本来であれば視聴者から得べかりし視聴料金相当額金(1 回あたり300円×無料サイトでの視聴回数)を徴収することができず、
同額の損害が生じま した。 そこで、依頼会社としては、貴殿に対して、後述の支払期限までに、
視聴料金相当額を支払う ように要求するとともに、支払いがない場合には法的手続に移行する場合があることを警告し
具体的には、民事訴訟を直ちに提起するとともに、貴殿の無料サイトへの転載行為は、著作権 法違反として、
10年以下の懲役若しく1000万円以下の罰金又はその併科(著作権法第1 19条第1項)の対象となりますので、
刑事告訴する場合もございますので、その旨、併せて 警告します。
なお、期限までにお支払いが難しい場合には、必ず後記の連絡先までご連絡頂けます様、お願 い致します。

草々
無断掲載したサイトのURL (代表1タイトルを記載)
http://video.fc2.com/a/content/
10,000回 請求額合計(視聴料金相当額)
金3,036,000円 支払期限
平成26年8月〇〇日までを ※掲載内容につきましては、代表1作品を記載しております。詳しくは下記お電話番号までお問合せください。
金融機問 三井住友銀行支店名
浜松町支店 口座種類
口座番号11-7598169
口座名義、弁護士法人 鈴木康之法律事務所債権回収口

※お振込の際はお名前の前に管理番号1904642 を入力し、過不足のない金額でお振込ください。
管理番号の記載が無いと、入金の確認に時間がかかる場合があります。
TEL:03-6261-0061 営業時間 9:00~18:30 事務担当:朝倉(アサクラ)休日土・日・祝日

封筒が来たときは心臓が止まりそうになった

にしたって一体全体どうやって俺の住所を特定したんだろう?
結局あとにも先にも詐欺封筒が届いたのはこれっきりだったが…
確かにFc2にはアカウントを持っている
でも男だったら大概持ってるんじゃないか
だって垢がないと動画の視聴回数制限に引っかかっちゃうからね
でも動画は見る専だったので動画をアップロードした覚えはない
全く心当たりがないし言いがかりも甚だしい

fc2には住所登録設定項目がない
なのでエセ弁護士の請求に合わせてFC2運営がIPアドレスから俺の住所でも開示したんだろうか
ともあれどうやって住所特定して封筒を送ってきたのかはわからずじまい
それが故に類を見ない動悸が襲ったのを今でも覚えている

ネットを見渡すとたくさんの相談者がいる

この鈴木康之なるエセ弁護士の名前で検索をしていみるとこれがまあ沢山自分と似た案件が引っかかること

f:id:uchan79:20190419233659p:plain

f:id:uchan79:20190419233649p:plain

鈴木康之法律事務所当人も注意喚起を促している
www.suzukiyasuyuki-lawoffice.com

まあ事の真相はわからんが
この手口に一連の法則性があることがわかってきた
それは

  • 大型連休に入る前に封筒が送られてくる

ということ
鈴木康之を騙ったエセ弁護士はご丁寧に電話番号を載せてある
これでググると本家の鈴木康之法律事務所のものと一致する
封筒が来た当初は試しにと非通知で通話をかけてみたが繋がらなかった
この封筒がきた当時は8月の7日で世間的には夏休みに入っていた
検索してみると、GWの前とか自分と同じく夏休みシーズンとか
送られてくるタイミングはきまって連休に入る前だ
つまり、本家の事務所が大型の休みで連絡が取れない時期を見計らって郵送しているということになる
本物の事務所を騙っておきながら、その一方で連絡は取らせない魂胆というわけだ
大体本当に支払請求書が正当なものであるならば、内容証明郵便が送られてくるはずだ
本当に下らない

振り込め詐欺の封筒が来たときの対処法

それこそ今まで迷惑メールの類はたくさん処理してきた
ついこないだも記事にしたりした

www.au79.work

だが、郵便という形で封筒が来たことがあるひとはどれくらいいるだろう?
なぜか住所が割れているというおぞましい事実も重なってパニック状態になるひとも多いのではないか
結果として無視を貫いたが
その後何か怖い黒服が来るとか非通知の着信が来るとかそういったことは起こらなかった

もしも詐欺封筒が来たら
まずは深呼吸する
そして封筒に記載されている文言を検索してみる
詐欺師は詐欺行為を繰り返すことでその技術を習熟させどんどん手口を巧妙化していく
一方で詐欺られる被害者は、その対処法を十分に知らない
その差がある限り詐欺はなくならない
自分だけでなく他のひとも同じような問題を抱えているのかもしれないと立ち返ることで
まず一旦ネット上で類似するケースがないか手紙の中の特定の文言で検索をすること!

目には目を!弁護士には弁護士を!ネットに強い弁護士に相談するぞ!

それに、言われのない詐欺封筒が来たのならこっちだって手立てがある!
ネットに強い弁護士こと、唐澤貴洋弁護士に相談に乗ってもらうのだ
そのためにも相談料30万をポンと出せるような経済力をつけなければならない
一刻も早くプロブロガーとして自立をせねば…

炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか

炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか