天塚財閥

プロブロガー目指し奮闘中!月間6万PV26歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

月間3万PVのINTJ大卒ニートブロガーの典型的一日を紹介

f:id:uchan79:20190424071007j:plain

この単調で,人と会わない生活

当ブログも月間3万PVを記録した
トレンドを追わない,検索流入に重心をおいた戦略のおかげで安定して右肩上がりの成長を収めている
前月比での成長率は40%
この成長率を維持できれば,今年の10月には20万PV


一年後には夢の100万pvの大台を記録する

www.au79.work

でも,それは.夢の一端に過ぎない
そんなニートブロガーの,典型的一日を紹介しよう!

2ヶ月でも昼夜逆転が維持できたら御の字

www.au79.work

遺伝子検査の結果でわかったことだが,遺伝的にはやや夜型傾向にあるらしい
これは実感としてもそう思うが,早寝早起きを習慣化したい気持ちは依然として強い
やはり7~8時には起きたい


以下は7時に起きれた場合の一日を書き記していく

朝真っ先にやるのは,PVと収入の確認

当ブログが収益化に至ったのは今年の2月

www.au79.work

それ以来,朝起きてまず見るのはPVと収入の確認

f:id:uchan79:20190424063553p:plain

アナリティクスで,今日のPVの伸び盛りを見る
A8ネットでは全然稼げてない
なのでアフィリエイターという人たちはすごいと思う


月間3万PVになってくると,どの時間帯でもリアルタイムで読者がいる
0人であることはまばらだ
とはいっても,ブログにコメントが寄せられることは殆どないし,ましてメールに関しては音沙汰ない
月間3万PVというと,自分の場合はそんな感じ

スマホでニュースを見る

次に見るのがニュース
朝起きてから向こう1時間は動けない体質なので,布団にくるまりながらニュースを見る
見る媒体は.ヤフーニュースとニュースピックス
2chの勢いランキングも見る
スマホを充電し忘れている日なんかは,出鼻を挫かれた気分になる
時事ニュースからも記事ネタを着想することもある

だがはてなブックマークは見なくなってきた
あそこにいるのは不健全なタイプ5が多いから!

b.hatena.ne.jp

この記事なんか面白い
人口比率的には10%と言われる比較的珍しいタイプである5だが,87もブクマされている
だから皮肉めいた頭のいい子供みたいなコメントがスターをもらってんだよ


まあ数あるブログサービスの中で,はてなブログを選んだのはひとつの縁だと思っているが

気が向いたときに食事を取る

www.au79.work

栄養検査なんかもやったが偏食は変わらず…
食べたいときに食べるというライフスタイルがここ5年ほど続いている
一日一食.それもその一食分は1.5食分の分量食べちゃう
それが理想なんだけど
冷蔵庫に食材があれば,あった分食べてしまう気質だ
おかげで食材を腐らせたことはないが,3日分と思った買った分の食べ物が1日と半日でなくなる
そんなこんなで,学生時代よりも20kgも太ってしまった
ブログに集中するため,外出もしないのでひと目に触れる機会もないのと
まあ食べるのぐらいしか娯楽がないのでこうなってしまった…
日付変更と同時に空腹に関わらずご飯を炊いてしまうのも悪い癖だ

ブログを書くぞ!

で,ブログを書くと
リライトやcssのデザイン調整,行き詰まったときにググったりといった作業も労働に含まれるのだろうけど
やはり記事を書けなかった日は何やら消化不良


自分は毎日ブログを執筆できるタイプではない
ネタに困ってるかもしれないが
現状として,1日はブログネタ探しからブログ周りのあれやこれといった雑務
次の日は花形たる記事更新といった具合になっている


世の中には働きながら毎日ブロ
グ更新しているひともいるのだから大したモノだ

作業用BGMのお供はショパン

知的好奇心が強いと兎にも角にも作業用BGMも講演動画を聞き流していたりと…


今はクラシック,それもショパン一択
youtubeで聴いていたが,咳き込みや音量の差異が気になってCDを買った
演奏の上手い下手もわかってくるし

Chopin Favourites

Chopin Favourites

どうも金をケチりたがる性分があるな
ブログという自分のメディアもできたわけだし,QOLを上げるものは積極的に買ってはレビューしていく

自分の敵は自分自身

ニートは時間持ちでもあるわけだけど,もっと更新に時間を当てる余地はまだまだある
結果のいかんに関わらずハードワーカーたり得たい


なんつったって,“.work”なんてドメインを選んだんだから!

リスクテイカー宣言!

こんなにも単調で退屈な日々を送っていくと,光陰矢の如しという諺が身にしめてくるというか…
もっとアドベンティブな生活を送ってみたい
そういう舵切りをしていこうと思えてきた


不思議


学生のころは,ホリエモンがまたニュースになってる
毎日ニュースになる人生って慌ただしいなって思ってたのにね

天塚右京の成長習慣7選

わからない語彙があったら調べる

本なりネットの記事だったりで出くわしたものは、必ずググって調べるようにしてきた
語彙に限らずわからないことは必ず調べる
ここ最近知った言葉は、“鶏口牛後”という故事成語
大きな集団や組織の末端にいるより、小さくてもよいから長となって重んじられるほうがよいという意味
ジュリアス・シーザーという人がいたが、“ローマで二番でいるよりは、村で一番でいる方がよい”と同様の言葉を残している
自分が一番になれるゲームを創ること、それが本当の頭の使い方だ

たとえを用いて話す

わからない語彙を調べて語彙を増やすのも大事だが、それはどこまでいっても知識に過ぎない
新しく仕入れるのが知識で
すでにあるものでやりくりするのが知恵だ
たとえ話は知恵の最たるもので、物事の本質を突く
だからジーザスも釈尊もたとえ話を好んで使った
“なぜたとえを用いて話すのですか”と問われる日を待望している

聖書 新共同訳  新約聖書

聖書 新共同訳 新約聖書

疑問に思ったことは自分なりに結論を出す

歩きながら思惑に耽るのが好きだ
人は“好きなことに得意を見出す”のか“得意なことに好きを見出す”のか
自分は後者のほうが多いように思う

脳内マウンティング

例えば作業用BGMとしてyoutubeで講演動画を聞く場合
“自分ならこうする”というアイデアが出てくるかどうかということだ
それがひとりでに出てくるならば、その分野で才能があると言っていい

質問されたらその意図を問う

質問する側とされる側では、される側のほうが立場が弱いに決まってる
にも関わらず、自ら質問される側に立つ人が多すぎる
質問するということは、必ずそこに意図がある
そしてそれは質問者の好奇を満たす至極個人的なものだったりすることが多い
質問は質問で返していいし、質問されたからと言って必ずしも答える義務はない

人の話は疑いながら聞く

中国の人口は5億人だという人の口から語られる中国像に耳を貸してはいけない
それが事実に基づいているのかは、常に聞き耳を立てている
これは本に関してもそうだ

人は見た目で判断する

大人になるとは、自分で自分のことを説明することだ
よって初対面だと見た目が判断材料になってくる
その時珍妙なカッコをしていたならば、やはり中身もそうなのかと勘ぐる
それに怒るひとは、あまりにも幼い
見た目で判断されたくないならば、見た目以外で自分を説明できるものを持っておく必要がある

逆張りの練習

逆張り思考こそが成功への道だ
それは100人中99人右向け右しているところに、ただ一人左を突き進める能力だろう
ただひとつの座席を99人で争うよりも、ひとつの座席に確実に座る
そして、そこに座った人間だけが見える風景がある
逆張りにしても、例えばあえて大学に進学しないという選択肢はどうだろうか
進学するかどうかは人生における大きな選択肢になる
実際自分は自主退学しかけたものの、卒業しきったのはよかったと自負している
逆張りの練習は、大きな選択肢ではなく小さな選択肢からその直感を研ぎ澄ましていくのがいいだろう