天塚財閥

月間6万PV27歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

孫正義について知りたい人におすすめの本5冊を紹介

f:id:uchan79:20200213113722p:plain

アマゾンで孫正義と検索をかけると実に471件に登る本が表示される
その中にはネットで検索をかければ出てくるような,本人にインタビューもしないで書いた提灯本も多い
今回はマサの追っかけをしている自分が
あまりに多過ぎてどれを読めばいいかわからないという人のために当記事を書いた

志高く 正伝

志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫)

志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫)

広く浅く刺さる孫正義の正式伝記
孫正義という人物について知りたいならまずはこの一冊
駆け抜けるような文体は孫正義の行動力に重なるものがある
著者の井上篤夫氏は創業黎明期から孫正義を追い続けるジャーナリストである

なぜ私は、20数年も孫正義を追いかけ続けるのか | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

英語タイトルはAiming high
これだと「高みを狙う」って感じで日本語のタイトルのニュアンスを掴み取れていない

夢と志は違います。夢は漠然とした個人の願望であり、志は個々人の願望を超えて多くの人々の夢を叶えようとする気概です
夢はこころよい願望だが、志は厳しい未来への挑戦です。夢を持つなんて程度で終わらずに志を高く持たないといけない

情報革命で人々を幸せに
それが孫正義の志ッ!

孫家の遺伝子

孫家の遺伝子

孫家の遺伝子

他のマサ本はどれも経済記者によって書かれたものだが
孫家の遺伝子は2001年に書かれた孫正義氏の実弟である孫泰造氏の著書
孫家を語る上で外せないのは孫氏の父である三憲氏である
裸一貫で成り上がったその姿勢からは,とにかくまずはやってみるという精神を感じた
本書の中でも特に興味深かったのは相撲の下り
相撲をプラットホームとして位置づけビジネスモデルを分析する孫親子は根っからの事業家だと感じ取った
絶版につき今後値段が暴騰すると思うので購入はお早めに!

幻想曲 孫正義とソフトバンクの過去・今・未来

孫正義マニアとして孫正義本はたくさん読んできたが
足で稼いできた徹底的な取材で純然たる情報量の濃さは他のマサ本と一線を画するのがこの幻想曲
慢性肝炎になりデジタル情報革命への道を一時は諦め,パチンコ店への道を模索する姿などが描かれている
米国留学時のエピソードも豊富だ
初期タイトルは蜃気楼とのことだったが広報から許可が降りず,結局幻想曲というタイトルになったとあとがきで触れられている
本が書かれたのは2005年だかその後の氏の活躍ぶりを見ると,蜃気楼でも幻想曲でもなかったことは一目瞭然だろう

孫正義を成功に導いた3つの発想法

孫正義の半生が漫画になった!
漫画だと時系列がすっきりして一つのストーリーラインとしてざっと要点を掴める
全3巻でボーダフォンを回収したあたりまでが描かれている

孫正義のシェアNo.1獲得戦略

CD「孫正義のシェアNo.1獲得戦略」

CD「孫正義のシェアNo.1獲得戦略」

  • 作者:孫 正義
  • 発売日: 1986/08/01
  • メディア: CD-ROM

“やるからには一番を取る”そう豪語する氏は当時若干28歳だった
すでに業界では神童として名を覇せていた氏は
日本ソフトバンク社がどうやってパソコンソフトの卸売のシェアの半分をたった創業4年で獲得したかを雄弁に語る!
あまりにも有名な発明エピソードや,米国留学当時の会社の売上が北カリフォルニアで1位だったことなど
知られていないエピソードが盛りだくさん!こんな28歳はそういない
マサソンマニアを自称するなら是非手にとってほしい講演CDだ

関連:【孫正義】80~90年代の雑誌インタビューから読み解く経営戦略

www.au79.work