天塚財閥

月間6万PV27歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

孫正義について知りたい人におすすめの本5冊を紹介

f:id:uchan79:20200213113722p:plain

多過ぎてわからない
アマゾンのレビューも当てにならない
gサーチ関連

孫家の教え

2001年に書かれた孫正義氏の実弟である孫泰造氏の著書
とにかくまずはやってみるという精神を感じた
相撲の下り

志高く 正伝

広く浅く刺さる孫正義の正式伝記
サインも書いている
夢と志の違い
Aiming high

幻想曲

孫正義マニアとして孫正義本はたくさん読んできたが
その中でも特におすすめなのがこの幻想曲
その徹底的な取材力で足で稼いできた純然たる情報量の濃さは他のマサ本と一線を画する
慢性肝炎になりデジタル情報革命
初期タイトルは蜃気楼とのことだったが
ソフトバンク広報からの許可が降りず蜃気楼というタイトルになったとあとがきで触れられている
本が書かれたのは2005年だかその後の氏の活躍ぶりを見ると
蜃気楼でも幻想曲でもなかったことは一目瞭然だろう
最も、AI革命時代の指揮者になりたいと言っていた

孫正義cd

キャッチコピー