天塚財閥

プロブロガー目指し奮闘中!月間7万PV26歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

INTJタイプ5w4が2年間のニート生活で学んだ事まとめ

今絶賛ニート中なのは、プロブロガーを目指して奮闘中だからだ
ひとつの目標達成のために、金と時間とパッションを費やす
ただ、それだけ
ヒット記事を作れたことでちょっと前まで月4000だったところが月2万PVのルーキーへと階段を駆け上がりつつある

f:id:uchan79:20190112131929p:plain
平日13時時点で272PV!!

そろそろこの生活ともお別れの気配がしてきた
なので、もうすぐ二年になるニート生活を経て学んだことを健忘録としてまとめておいた

人生の豊かさは余暇から生まれる

Time is moneyという諺があるが、人生で何にもまして優越するのはお金ではなく時間だ
時間なくして何も生み出せない
その意味でニートは「お金持ち」ではないが「時間持ち」ではあるかもしれない
知識欲旺盛なら、ネットサーフや図書館で平日真っ昼間から本が読めたりする
オンデマンドで無料体験分を数珠つなぎ的に試したら結構な時間を楽しめるだろう
だが、一消費者として人生を過ごすのは面白くない
そこに主体性はないから
ためこんだ知識を社会に対して行使したいというのは、男性性の賜物じゃないか!

ニートでも物欲は大事

ニートになりやすい人の特徴のひとつに、物欲がないというものがある
何か欲しいものがあってお金が必要ならば、その為に働くというインセンティブは自ずと上がる
物欲は行動のエンジンだということは案外知られていない
一般にニートにローコストローエネルギーのひとが多いのはそういうところがある
世俗的だと一蹴していた価値観に答えがあることもある
自分を動かす欲望は何でも動員したほうがいい
人は静止している姿よりも、動いているほうが魅力的だ

ニートであることは全く悪くない、が

ミクロ単位で言えば家族という最小の社会でニートに甘んじているということは決して褒められたことではないだろう
マクロ単位で言えば若い労働力が働いていないのはGDPに献上しない
一方で100人が100人とも職を持ち家庭を持っているという社会もそれはそれでいびつだ
それは手持ちのポケモンをすべて同じタイプで揃えているようなものだ
多様性にかける社会は、長期的には消失する

が、論より証拠で世の中は回っている
ニートの一言一句は戯言として相手にされない
せめてできることは、感謝の気持ちを伝えること
人に、自然に

アーリーリタイアを疑似体験できた

若いうちに生涯賃金を稼いで早い段階で引退する
ニートであることでアーリーリタイアを疑似体験できたのは大きい
結論を言うと、割と飽きる
これは個人差があるだろうが、インプットの日々よりもアウトプットし挑戦する人生のほうに体が傾いてきている
それもこれも、この恵まれた環境を与えられたが故に気づき得たものだろう

ニートでも目標を持つことが大切

ニートと一口に言っても取り巻く環境は千差万別だろう
それを踏まえて尚言っておきたいことは
ニートだろうとそうでなかろうと、目標に向かって走ること
これに尽きる
それもただ、何となく英語が話せたらかっこいいとか外面的な要因から探るより
自分の内面が欲する根源的な欲求と対話をすることだろう
それをするに必要な時間は、今の社会でニートが一番持っている
そもそも向上心がなかったらニートなんてならないという反論が聞こえそうだが
やりたいことはやりたくない!という頑固な基質の持ち主でもあることに気づいているニートはすくない
やりたいことではなく、やりたくないことをやらないでいいというアプローチから
仕事を見つけるということは下記記事に書いた

au79.hatenablog.com

まとめ:ありがとう!みんな!

我が天塚財閥も誕生から二年目
二年前に蒔いた子種がようやく育ってきた
そろそろブログのネタに困っていたところ、ようやく本格的な収益化が望めそうである
その折には、収益をブログのネタになるような使い方をしていきたい
それを繰り返せば雪だるま式にPVと収入は増えるだろう
月間PV300万を達成したときには、このブログはニートの成功譚としてバイブルとなるだろう!

au79.hatenablog.com

f:id:uchan79:20190112132715j:plain

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

不登校・ニート・ひきこもりの家族に贈る 気持ちを切り替える力(レジリエンス)

不登校・ニート・ひきこもりの家族に贈る 気持ちを切り替える力(レジリエンス)