天塚財閥

プロブロガー目指し奮闘中!月間7万PV26歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

【同接】加藤純一VSコレコレ最後に勝つのはどっち?【まとめ】

f:id:uchan79:20190212093834j:plain

配信界の五本指に入るであろう両者は、お互いにライバル意識の火花を散らせ
視聴者間の小競り合いもよく見かけるようになった、加藤純一とコレコレ
国内でも屈指の閲覧数を誇る両者の今後を徹底予測してみた!

結論!加藤純一とコレコレ、最後に勝つのは?

結論を先に言うと
長丁場で見ると加藤純一
向こう3年はコレコレのほうに軍配が上がると思われる
以下項目別に両者の比較をしていこう

追記new:加藤純一,金ダズラにて同接78000人突破!

2019年5/6ポケモン金ダズラ実況にて7.8万人突破!
最高同時閲覧数ではコレコレを抜いてしまった!
今年の2月時点でやっとRUSTで3万突破したのに

今年中に本田翼の同接15万を超えるかも…!

閲覧数

やはり配信者となるとどれだけ視聴者を集められるのか、その集客力がモノを言う

  • 加藤純一

ニコニコ生放送とyoutubeLIVEがメイン
配信をすると1.5~2.5万は固い
最高閲覧数はポケモン実況の約3.5万
ポケモンは人気タイトルで皆が知っているし、実況映えするゲームだ
また、ここぞというところでドラマを作る強運を持っている
雑談は、衰退の一途をたどるニコ生でしている
動画はともかく、生配信では誰にも負けたくないとの意気込みを公言しており
最終的には同接10万を目指している

  • コレコレ

ツイキャスとyoutubeLIVEがメイン
閲覧は2.0~2.8万とやや多め
加藤純一と違ってアーカイブを残さないというところで、プレミアを出していることも一因だろう
最高閲覧数は約5万ほど
ゴシップ配信が多いので、祭りに乗っかる形での閲覧だと言える
元々ねとらじ出身だったがニコ生へ、移動、現在はツイキャスで活動しており
一度飛び立ったプラットフォームでは一切配信しないのが特徴
ツイキャスの王と呼ばれており、ツイキャスではコレコレの独壇場となっている

配信内容

一切変わらない味を提供してきたのが加藤純一なら
時代のトレンドを読んで歩幅を合わせてきたのがコレコレだと言えよう

  • 加藤純一

ずっとゲーム実況と雑談の二本柱で10年走ってきた
純粋な頭の回転は、うんこちゃん時代のほうが速かったという説もあるが
顔出し解禁に伴ってトーク内容の幅も広がっし、交友関係も広がり会話の引き出しは増えた
ゲームのうまさは凡庸だが、とにかく全力投球で実況に励むのが特徴的

  • コレコレ

女声の釣り動画でブレイクし
過去には配信者を巻き込んだ企画を意欲的に行っていたが
現在はもっぱらゴシップ配信をしている
他のゴシップ配信者と違って自分から情報収集しないで
リスナーからDMなどで情報を集まってくる仕組みを作っているのが特徴
雑談は、要所要所小気味よく笑えるポイントを作るようおどけて見せるのがうまい

視聴者層

圧倒的な閲覧数を誇る両者だが、その視聴者層はびっくりするほどかぶっていない
加藤純一もコレコレもどっちも見ているというひとはかなり少ない
加藤純一はその中毒性から、視聴歴の長い視聴者が多いが
10代に人気のコレコレは、古参視聴者が少なく卒業するコンテンツだと言える

加藤純一視聴者(衛門)とコレコレ視聴者(コレリス)は男性視聴者の最底辺と女性視聴者の最底辺の集まりというところで似た者同士だと思います。
もっとも当の本人たちはジャンルも違い、視聴者層の奪い合いもすることのない相手なので基本的に興味はないと思います。
ただ加藤純一の配信にはコレリスがコレコレの配信には衛門が配信時間が被った時にたまに荒らしに来るので互いに良い思いはしていないと思います。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13201054493

  • 加藤純一

20代~30代前半の男性が中心
男女比は一貫して9:1で維持していて、圧倒的に男性視聴者が多い
女叩きと人の悪口が持ち味だからだろう
MAD制作をするMADMENや、絵師、プログラマーなど優秀な視聴者を多く抱えており
視聴者ひとりあたりの熱気と一兵卒の強さならどこよりも凄い
これは、加藤純一しか見ていないコアな視聴者が多いからだ

  • コレコレ

10代の視聴者が多く、女性比率も高い
女性視聴者には、いわゆるメンヘラが多く、その扱いにかけてコレコレの右に出るものはいないだろう
三十歳にもなればおっさんと言われる配信界だけに、ネット配信は若者の文化だ
その意味で、ネット配信全体の多数派に寄せて配信をしている
だが一方で、ツイキャスに移動してからいわゆるキッズが増えた
凸待ち配信を見ていると特にそう思う

配信スタイル

配信者として今年で10年選手の両者だが
配信に対してのスタンスもそれぞれ違う

  • 加藤純一

顔出しNGのうんこちゃん時代は、ニコ生を自分の仕事のうっぷんを晴らす
フラストレーションのゴミ箱として使っていたところがある
今現在のスタイルは、加藤純一自身が「楽しむ」その一点にある
自分が楽しんでいるその余剰分がパッションとして視聴者に伝染していくといった具合だ
配信界で一番爆発力があるのが加藤純一だろう

  • コレコレ

コレコレは、メジャーな層に合わせて配信内容を変えてきたところから
自分がやりたいことをやるというよりは、みんなが見たいものを見せるというスタイル
その意味で、プロ意識は高いが時折義務で配信をしているように見える
配信界で一番配信が“得意”なのがコレコレだろう

マネタイズ

両者とも優れたビジネスセンスがあるかと言えば、まだ発展途上といったところ
“配信者は金を持ったらつまらなくなる”というジンクスがまことしやかに語られてきたが
確かに、お金をかけたらかけた分面白い企画が出来上がるかと言えば、そうでもないのが実際のところ
しかしながら、今後活動していく中でさらに大きなことをしようと思えば、お金は必要になってくる

  • 加藤純一

家賃20万以上もするレジディア西新宿2に住んでおり月収も100万あると公言している
何よりAbemaTVで冠番組を持っているのが強み
その名も「加藤純一の世界で一番ゲームを本気でやる男」
個人配信ではギョッとするような罵詈雑言を吐くが
意外とそこは問題視されないのは、それを多めに見てもらえるだけの圧倒的な数字がある

  • コレコレ

チャンネル登録数も90万と登録者数も100万の頂はもう目と鼻の先にある
また、加藤純一と違ってyoutubeLIVEの投げ銭もオープンにしているので
年収で3500万とも言われている
広島から上京して、渋谷で動画を撮ることが多くなったことから
東京へ来たことで動画の幅は広がった

お互いの評価

ニコ生音楽王で共演を果たした際も
終始ピリピリとした空気が漂っていた
そんな両者はお互いをどう評価しあっているのだろうか?

人を下げて数字に変える配信スタイルを加藤純一は好んでいないようだ
www.youtube.com

一方でコレコレも、自身の配信が信者衛門によって荒らされるのを嫌って
加藤純一にまつわるワードはすべてNGにしている

このことからも、お互いに“鼻につく”存在なのだろう

総括:youtubeを制したものが勝つ

両者とも主戦場をyoutubeに移行して活動をしている
2019年の2/12現在では
加藤純一のチャンネル登録者数は23万
コレコレのチャンネル登録者数は90万とその差は大きい
一方で生放送での集客は同者とも変わらない数字を集めることから
一人当たりの視聴者の熱狂度は加藤純一が勝る

加藤純一が国内最大の同接に達したとき、念願のインターネットヒーローの夢が叶うが
その次に何を望むのだろう?
ウィル・スミスやビル・ゲイツも倒したいと言っていたので、これからも飽くなき挑戦を見たい

コレコレも、アイドルグループの結成をして民法にも出演するなど積極的に新規分野に参入している
ネット界の秋元康になるには、作詞スキルが今後の課題だろう