天塚財閥

月間6万PV27歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

大好きなブロガーがブログを辞めた!俺は、辞めない!


今日のような日がずっと続くと思うな

別れは突然に、とはまさしくこのことだ
新年に際して、僕が好きだったとあるブログが、全記事丸ごと削除されていたのである
トップページに寄せられていたのは、珍妙な文章だけ…
これはブロガーとしての事実上の引退、あるいは爆破だろうか?
好きなブログだっただけに残念でならない
固有名詞を出すのは俺の気まぐれで控えておこうと思うが
当方が最近関心を寄せているMBTIという性格診断について詳述されているブログだったのだ
自分の心の探求ともいうべき作業、その手探りの中でひとつの道標になっていた
勿論一読者に過ぎなかったので面識もないし、コメントを寄せたこともなければ
記事内容をリツイートしたこともなかったが…
こんな形で突如としてやめるなんて!

ブログをやめた人は、元気にしているだろうか

時に、ブログ運営黎明期に当ブログについて言及された記事が2つほどあるのだ

f:id:uchan79:20190107220302p:plain
f:id:uchan79:20190107220243p:plain

これは、わたしく天塚右京が黎明期から
比類ない心象風景を携えていたという事実を示す貴重な資料となるだろう
何と言ってもINTJで5w4という非常に稀有なタイプなのだから!
この2017年1月の時点で「オリジナリティがある」「お硬い」「スタイリッシュ過ぎる」との
評価を受けていたのは興味深い
これはまさしくタイプ5ウイング4を形容せしめる言葉としては適当ではないか!

…とまあ、今回の記事はエニアとかMBTIの話ではない
要は上記に挙げた二人の大学生ブロガー、両者ともブログを辞めているのを確認した
なぜやめたのか?
そんなものは皆目検討もつかない
ただ、辞めたという事実が沈殿物の如く心に居座り続ける
もちろん彼らとも面識があるわけでは全くないが
元気に、しているのだろうか

誰かから“大好き”と言われるものを作れているか、或いはかような存在に

これは確信を持っていえることだが、俺は発信と表現を生涯を通じてやめることはない
それは生きることそのものにほかならないからだ
僕は彼らのことが“好き”だったし、僕も誰かの“好き”でありたい

“なんで誰も自分のことを放っておいてくれないだろう”

という、生来から抱いていた疑問を振り払ったのだ
今ここにある、孤独、が
そしてそれは、自分に気づかせてくれた
自分が本当に欲しかったもの、を

あなたは誰かにとっての何かで
わたしは誰かにとっての何かでありますように
その愛憎の如何に関わらず