天塚財閥

プロブロガー目指し奮闘中!月間6万PV26歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

【MBTI】INTJの特徴15個をINTJが解説

f:id:uchan79:20190208163950j:plain

列挙される特徴それぞれに補足をしていく
あくまで主観に過ぎないのでそこはよろしく!

独立志向

独立思考であることから、ひとりであることを好むし、もしチームを組むことになっても自分が一番で
なおかつ自分のことを一番知っている人としか組もうとしないのがこのタイプの特徴たらしめるところ
その結果として少数精鋭の能力主義志向のチームが形成される

未来志向/長期的視野

なんでも統計によると、INTJは平均で無効33年に及ぶキャリアを立てるという
www.au79.work

自分も今後のキャリアについてパッションをたぎらせて書いておいたので
よかったらなんて言いません、是非読んでね!
www.au79.work

論理的

手足を動かすのと同じように物心ついたこと気からロジカルシンキングができるのがINTJだろう
それは時としては相手の言ってることをする者を指導で受け取る傾向にもあると思う
印象したとして感じられる無機質さに関してもこの論理的思考が関係している

合理主義

合理的であるということはどういうことかというとそれは言ってみたら
理詰めで算出した答えがあって、それが常識から逸脱した行為ではあってもそれを選ぶ
それは例えるならば 頭のネジを意図的に外すことができる能力だとも言えるのではないだろうか

効率を重視

やる前からそれに費やすコストと時間の効用を考慮した上で行動を起こすという態度は
現代的ないい方をするとコスパ厨だと言えるだろうが、自戒の意味を込めてこうも言っておきたいのは

人はコスパのみに生くるにあらず

効率を重視するものはまた効率に溺れる存在であるとも言える
ブログなどはその典型だだろう
時給換算すると言った現代人の思考はブログと相性が悪い

改善を好む

否応なく問題点を見つけてしまうし、それを見つけてしまったら最後、改善せずにはいられない
それに気づいてしまった者の責務ではないだろうか
それと同時に、世の中は案外適当にできていて、適当に動いているということにも気付かされる
その差で稼ぐのが資本主義だ

直観が冴える

論理的でありながら非情なる直感に優れておりその直感を信じるのが一方で怖い
その直感を裏付けるための学術的なデータを模索して補強するという作業に勤しむという回り道をしてしまう
これは言ってみたら宝の持ち腐れに等しい

自信家

“根拠のない”自信ってなんだろう?
なにかを信じるのには、実は根拠なんていらないのだ
ジーザスが3日後に復活していると信じている人たちがキリスト者だ
そこに、根拠、言うならば科学的知見に基づく再現性は必要ではない
究極的には自分がそう思うからそうなのだ
であるならば、自分の値札は自分でつけろ!

初心貫徹

信念や理念、美学と思うべき人生をかけて証明したいテーマが彼らにはある
そしてそれを守れないのであるならば自ら自分自身をあやめてしまうのではないかというくらいの強い意志がある

好奇心旺盛

分からないことがあったら即座に調べるし、疑問そのものを疑問のまま放置しない人達だ
そして自分という固有の人間がいてそしてそれをまたメタ的に監視している自分がいるという思考回路を持っている人たちも多い
それは言うならば私がいてその私に体験という餌を与える自分を監視してる自分という二重構造になっていたりもする

可能性を信じて挑戦

それでも諦めない
人の意思の強さ!人の意志によって獲得し価値を体現する物語が好きだ
それこそが intjという人たちが信じるがある種の神話であり、神であるとも言っていいのではないだろうか

非社交的

社交に勤しむでも自己の探求 の世界に入り込むのが 好きなキャラクター通りたち
自身は自分たちのことは社交的だとも思ってなければそれは逆として非社交的だと思っていないだろう
付き合う人は友達にせよ恋人にせよ激選するのがこのタイプの特徴だ

頑固

計画的で長期的展望すると予想の気質から傍目には頑固という風に見るのかもしれない
がそれが実ったとき世間は彼彼女ドリーマーと呼ぶことになるだろう
また傍目からどう見られようが一切に返すなのはこのタイプの特徴楽しめるところと言っていいだろう

傲慢

他人にどう思われようが全く意に介さない
人に頼るよりも自分の能力を才能に期待をかける
他人や社会に最初から頼らない
そうした超然とした態度はときとして傲慢に映るのかもしれない
そしてその思い込みはあながち間違ってなかったりするのがINTJで、それがさらに人間関係の構築を厄介にさせているのではないだろうか


MBTIへのいざない―ユングの「タイプ論」の日常への応用

MBTIへのいざない―ユングの「タイプ論」の日常への応用