天塚財閥

プロブロガー目指し奮闘中月間7万PV26歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

INTJ5w4ニートの僕はこんな恋愛をしてきた

f:id:uchan79:20190207024751p:plain

比類ない成功を収める男なんだったら
こういう記事は無名の今のうちに書いておいたほうがいい
その程度には小っ恥ずかしさを感じるから…

全く束縛をしない

ダメ!ゼッタイ!束縛
束縛はモノ扱いしているということに他ならない
一個体の人格としてお互いを尊重することが何より大切★
が、お互いにカードを持ち合って駆け引きをしているもの恋愛だろう
それは付き合ってからも変わらない
そこで大事なのが、“あえて”束縛しないコト!
たぶん最大公約数的には、ちょっと束縛されるぐらいが女の子的にはいいのかもしれないが
束縛も嫉妬も見せないことで、彼女の挙動を“観測”するのだッ!
そのとき出てくる反応こそが、個性だ
動揺したら、もうその子は手の平の上で踊ってるワケだな

とりあえず付き合ってみる

どうしても、どうせ付き合うのならば長続きしたいという想いから
そもそも長続きしそうな間柄なのか脳内で演算が始まってしまうが
なまじ考えすぎるのもよくない
Feel it!とはまさに我々のためにある言葉だ
これは、やはりどうせ行動するのならああしたいこうしたいと意味と意義を見いだす囚われがあるんだと思う

名前の呼び方を毎回変える

ちゃん付けしたりネコと呼んだり姫と呼んだり
大事な場面では呼び捨てにしたりと、呼び方は様々
呼び方による反応の差異を楽しむのだ!

営みは企画

やはりありきたりだとマンネリが起こるのは致し方ないこと
それは避けたい
ならば、違いを作って楽しむのが大事だ

バリュエーション=シチュエーション×場所×コスプレ

これが公式
これでほぼ無限にパターンを作れる
小道具なんかは100均で売っているもので楽しめるものがたくさんある
それは

水性ペン(落書き用)
ホワイトボート(ex.1回10円)
ペット皿(牛乳やccレモンを入れる)
首輪(そういうこと)

一人X役をお互いに求め合う

シチュエーションに際して言えば
ひとりの女の子に、彼女と姉と妹とメイドと母と…
と複数の役割を求める
自分もそうする
お互いがお互いに複数のレイヤーを持たせるのだ!

プレゼントは苦手

何かを貰ってその返報をして、それ自体が目的化して義務感を感じるようになり…
そんなところまで連想させてしまうのかもしれない
自分がプレゼントするのはいいのだけれど
プレゼントに限らず、誰かから何かをもらうのはどうも苦手だったりする
かわりとして、ごちそう作ってもらったりしていた

イチャイチャのほうが好き

マンネリがあーだこーだいったがイチャイチャのほうが
心の充足がなされる

いい子にはご褒美 悪い子にはお仕置き

この場合、ご褒美とお仕置きは実は同じものだったりする

だっこと、だっことぎゅーと💏とどっちがいい?

後者を選ぶ

世界で一番好きじゃなくなったら別れる

やはりこれは、ある
無関心であることが顔に出るのでやはりその時が別れ時かなと
顔に出やすいので
ただし“世界で一番好きじゃなくなったら別れたい”とはまさか言わない
英語でもなければ日本語でこんなにもクサい台詞はとても言えん!
付き合っていながら相手方の愚痴を吐くやつの気がしれん
だったら直接話し合うか別れたらいいだけ


MBTIへのいざない―ユングの「タイプ論」の日常への応用

MBTIへのいざない―ユングの「タイプ論」の日常への応用