天塚財閥

INTJタイプ5ウイング4で26歳大卒ニートの成長過程を綴る雑記ブログ

フィリピン留学はするな!英語圏で学位を取れ!

語学学校はあくまでカルチャースクール

これまで記事書いておいて何いってんだお前!?
とつっこまれるかもしれないが、言わせてもらいたい
確かなる英語力をつけたいのならば
やはり学位習得のため英語圏に留学してもらいと思う
語学留学なんて、金さえ出せれば英語力に関わらず誰でも入学できる
ということはどういうことかというと、周りの勉強へのコミットメントが低い

意識が高いと浮く

5コマの授業後ぶっ通しで勉強し続けていた
どこへも外出せず、日本人との交流も避け、眠くなるまで勉強し続ける
そういう生徒は、語学学校にはいない
周りにいるのは、遊学気分の生徒ばかり
グループ授業でも、金曜日になると先生にすら「週末はどこに遊びにいくの?」なんて聞かれ、奇異の目で見られる
週末土日は休日なので遊びに行く学生が主だっていた
“I came here to study,that is my TOP priority”
だなんていった日には浮いてしまう始末だった

自分に見合った校風を選ぶこと

もちろん語学学校にも校風があるので、こういう自由でゆるい感じが合わないならスパルタ式の語学学校に行くことをおすすめしたい
学校内で母国語でのコミュニケーションを一切禁止った場合は帰国を促されるような厳しい学校もある
それを聞いておののいた自分は、田舎のゆるいところに行ったのだけれど、今選びなおせるなら、もう少しお金を出してガチ勢の方の学校に行っても良かったように思う
結局のところ、大学付属の英語学校から、自分が行っていたようなホテル連動型、あるいは田舎かセブのようなリゾート地など、学校の特色もさまざまなので、後悔のないように比較検討してほしい

ブライチャーに行け!!

日間130PVのブログに案件なんか来るわけないだろ!
だからこそおすすめしたいのがセブ島のブライチャー
スパルタ式で、本当に使える英語を体系的に教えている
創業者はアップル本社でシニアマネージャーも勤めていた松井博氏
もちろんのこと英語も堪能で、留学前にブライチャーの存在を知っていたら
留学先はここに決めたに違いない!

brighture.jp

↑のようなブログ情報も充実しているので是非覗いてみてほしい

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3

f:id:uchan79:20181205181723j:plain
フルーティー